カテゴリ

2018年12月25日

工夫

メリークリスマス❗️


今年はフットワーク・身体の使い方・フオーム・戦術・配球等々、細かいところまで考えた一年でした。
スクール生の皆さんにも、伝えることが出来たからなのか、とても中身の濃いゲーム展開が作る事が出来ました。
テニスは頭が疲れるスポーツです。
練習中から頭を使って取り組んでいきましょう❗️

20181225112322777.jpg

20181225112343013.jpg

http://www.futures-tennis.jp/smart/index.html
posted by 川井浩 at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

土曜日クラス

ドロップボレーへの予測VSドロップボレーの練習。
ポジションへの戻りと観察眼
戻りと動き出しの一歩目で勝敗が分かれます。

その後はシングルスのポイント練習
ミスをせずに攻撃し続ける。
やっぱりポジションですね。

20181210161312709.jpg

20181210161321937.jpg

20181210161332839.jpg

20181210161350718.jpg

http://www.futures-tennis.jp/smart/index.html
posted by 川井浩 at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

理屈

理屈の追及をするばかりにややこしくなってしまったりします。

ボールを打った直後にポジションに行く(戻る)動きをすると、次のボールへの入りが早くなります。
これの理屈が分からないんです。
明らかにボールに入れてバランス良く打てるので良いことであるのはハッキリとしているのですが...
ポジションで相手のスペースを見つけることも出来ているので配球も良い感じです。
ほんの一瞬の差ですが大きな差になります。

20181208125011373.jpg

20181208125022713.jpg

http://www.futures-tennis.jp/smart/index.html
posted by 川井浩 at 12:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

緩急

速いボールにも遅いボールにもメリットは有ります。
遅いボールはコートを広くしたり足元にコントロールする等の効果が有ります。
遅いボールをベースに速いボールを使うと相手のリズムを変えられてミスを誘えます。
遅いボールと速い動きがテニスのコツの大きな部分です。
今年は暖かい冬とのことです。
テニスを満喫しましょう。


20181204112804115.jpg

http://www.futures-tennis.jp/smart/index.html
posted by 川井浩 at 11:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする