カテゴリ

2022年04月27日

ボレー

20220427134120452.jpg

20220427134131359.jpg

ボレーの特訓をしています。
打点を調整しています。

#調布市 #柴崎 #スポーツ #テニススクール

フューチャーズ テニス
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 13:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月20日

雨上がり

雨が上がりました。
持ちますように!

20220420102848074.jpg

20220420103023445.jpg

#調布市 #柴崎 #スポーツ #テニス #スクール

フューチャーズ テニス
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 10:30| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月18日

勝つために

調布市民大会が始まりました。
1ポイント1ポイントを大切に。
ちょっとしたミスがゲームの流れを決めます。但し、ミスは誰でもします。ミス後の動揺したメンタルを切り捨てて平常心でプレーすること。

足元にボールが行けば有利な展開は作れますが、低く打つとネットのリスクが上がります。チャンスボールで相手に取れないコースを狙うとサイドアウトが増えます。相手からのボールが厳しく来るとプレッシャーがかかり、「びびって」しまい更に厳しく打ちたくなります。ネットの高さ、コートの幅は決まっているので、打てるボールは決まっています。練習中でも打てないボールを打ってしまうところがあります。この1ヶ月そこを減らせる様に、練習してきました。

攻守様々なボールを打ちますが、必ず守ること。
相手がボールを返さない(返せない)とは考えてはいけません。
逆に諦めずに最後まで走って返せば相手は「びびって」サイドアウトが増えて来ます。

いつもお話してますが、テニスは対人競技です。
自分は平常心で相手には「びびって」プレーさせることが勝つために必要です。

#調布市 #柴崎 #テニススクール #スポーツ
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 06:08| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月30日

新規入会キャンペーン

桜満開!!!
春の新規入会キャンペーン開催中です。
期間中にご入会の方は素敵なプレゼントが
大人も子供も是非コートでお会いしましょう!

■期間
3月25日〜5月15日

■特典 @Aどちらかを選べます。

@入会金無料

A入会金 5,500円 → 50%OFF 2,750円
いずれか1点 プレゼント
・Princeラケット(ジュニア、大人)
・Princeシューズ(ジュニア、大人)
        *諸般の事情により商品お渡しが遅くなる可能性があります。

・テニスショップ「スミレ」ガット張り替え券、1本分
・アルモニ(旧Cafe AIR、柴崎駅オリジン弁当2F)ランチ券2名様分
・青空リラクゼーション(柴崎駅徒歩1分)マッサージ券1名様分

体験レッスンも開催中です。
お気軽にメールか電話でお問い合わせください。


フューチャーズ テニス
調布市 柴崎
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

より勝つ為に!

最後のショットで(ポイントが決まるショット。)のエースとミスの割合。
1:1
1:2
1:3
1:4
1:5
どの辺りが一番勝てるのか考えました。
1:1では丁寧過ぎて相手に圧をかけることが出来ないので勝てないと思います。勿論、しっかりと配球してミスをしないのに越したことは無いのですが…
1:4 1:5若しくは、それ以上にミスをしては勝てる筈は有りません。
プレースタイルに寄っても差は有ると思いますが、1:2 1:3辺りを目指してプレーして貰いたいです。
ミスには
@イージーミス。(注意力が落ちた状態でのミス)これは、必ず出ます。本数を限りなく少なくしたいです。ポイント間のルーティン等で調整出来ます。
A相手にミスをさせられる状況を作られた上でのミス。これは、相手のチャンスボールになっても良いので相手のコートに何としても返したいです。
B決め球でのミス。これは、相手のディフェンス力が高いと出やすくなります。
返されることを嫌がり、相手から逃げる形でコート外に打ってしまいます。自覚は無いと思うのですが、スペースが限られているので注意が必要です。

A・B共に無理をしないこと。
ミス(アウトやネットは)は必ず相手のポイントになります。打たせながらミスをさせてくボールを打ちましょう。
相手に一回多く打たせる事が勝つ秘訣だと子どもの頃に言われたことが有ります。状況に合ったボールを打たせる必要はありますがこれは確実に必要な考えです。
持ってる技術や体力を駆使して戦うように心がけてください。

調布市 柴崎
フューチャーズ テニス
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 09:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月20日

ゲーム形式

半年間、基礎連を繰り返して来ましたが、ゲーム形式をメインにやっていきます。
様々なアイディアを表現して貰いたいです。
基本的なポジションや打つボールをふまえて、様々なパターンを練習します。

球際からの返球からの練習をしました。
球際からの返球は基本的にはロブが良いと思います。
深いロブは余裕がある時に使います。
球際からのロブは、浅くて良いので高く時間を作りたいです。私自身は高くネットに落とすイメージでフルスイングをしていました。一般プレイヤーの場合は、一回多く相手にボールを触らせることが勝つ秘訣です。
この基本をふまえて、ショートクロスを一割程度使うと相手は混乱します。
混乱が迷いに繋がり、相手のミスが増えます。

調布市 柴崎
フューチャーズ・テニス
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 08:13| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月03日

ストロークでスイングする際に、しっかりと意識したい「軸」。
スイングの始まりから終わりまで動かない事が理想だと考えます。
まずは、ボールにしっかり入ること。足元が動いたら、その上にある軸は絶対に動いてしまいます。
次に必要なのが頭の位置です。
どうしても、打球方向が気になるのでスイング途中で目線を相手コートを見てしまいます。これは、体軸のズレの元になります。
目線を残して、振り切る。
とても大切なので、繰り返し練習しています。この先に、ショートクロスの練習予定です。打球を目で追っては、ほぼ安定しないショットです。

調布市 柴崎
フューチャーズ テニス
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

抱負



あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

今年の抱負です。

@今年も具体的に身体の動きを理解していただけるように研究する。

A皆さんにテニスの楽しさをもっともっと見つけて頂けるように工夫する。

B30年近くやっていないシングルスの試合に出場する。

 

Bは自信は無いですが、頑張ってみます。

 

調布市 柴崎
フューチャーズ・テニス
http://www.futures-tennis.jp/

posted by 川井浩 at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月15日

コントロール

スクール生の皆さんのボレーが、本当に良くなり続けています。
ボールをコントロールするには、身体のコントロールを失ってはいけません。
体幹は勿論、四肢全てが自分のイメージ通りに動かせないとボールはいうことを聞いてくれません。
スイングのスピードであったり、握りの強さ、腰の回転スピード等でも身体のコントロールを失わない為に、自分の出すパワーをコントロールします。
私自身は、パワーの最大出力は30%程度に抑える事で自分のイメージ通りに身体を動かすことが出来ていると考えています。
30%のパワーでも、ボールを打つパワーは十分に足りると思います。
テニスは、10センチメートル程度の幅でボールをコントロールしたいと考えて欲しいです。

自分の身体をコントロールする。
試してみてください。

調布市 柴崎
テニススクール
フューチャーズ テニス
http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井浩 at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

タッチ

ボレー練習でベースラインからラケット1本分に毎回落とす様に取り組んでいます。
練習の成果でボレーのタッチが皆さん良くなりました。

タッチって何だろう?

タッチとはボールを打つ感覚だと考えます。

タッチが良い日もあれば、悪い日もあります。

タッチのムラを無くすにはフットワークの強化だと考えます。

柔らかいフットワークでボールに入れていると良いタッチのプレーが出来ます。

そうなると、ボールがよく見えて柔らかいタッチのボレーが出来ます。

柔らかいフットワークでボールに入るには足の関節をしなやかに使う必要があります。

そこで、足裏と股関節を柔軟に使って動くようにしましょう。

良いフットワークは地面との摩擦が少なく動く必要があります。

足音は摩擦の結果です。

極力、足音を立てずに動くように心がけてプレーしてください。

 

調布市 柴崎

フューチャーズ・テニス
http://www.futures-tennis.jp/

posted by 川井浩 at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする